• ホーム
  • 性感染症放置は色々な人に迷惑と悪影響を及ぼす

性感染症放置は色々な人に迷惑と悪影響を及ぼす

薬を飲む男性

最近、性感染症が、若い人たちを中心に流行しています。
性感染症というのは、HIV感染症、淋菌感染症、性器クラミジア感染症など性行為によって感染してしまう病気です。
実例では性体験のある16歳の女子高生の17、3%が性器クラミジア感染症であったという報告もあるのです。

性感染症が一番怖いのは、症状が現れにくい事です。
以前流行した性感染病は、はっきりとした自覚症状が現れることが多く、感染したことに早く気づくことができました。

しかし、最近の性感染症は、病気にかかっていることになかなか気づかないものが多いのです。
そして、感染に気づかないということは、オーラルセックスを含む性行為によって知らない間に多くの人にうつす危険があるということです。
妊娠中あるいはこれから妊娠する女性の場合でも、子どもに移してしまうこともあります。

主だった性感染症の放置は、以下の様な状況を招きます。

  • 性器クラミジア感染症は不妊を招きます。
  • 男性の淋病は尿道炎で始まり、女性より重い症状が現れます。
  • エイズでは、免疫力が低下し健康な人では問題にならない種類のカビ、細菌、ウイルスなどによる 日和見(ひよりみ)感染症 や悪性腫瘍、神経障害等の症状を引き起こします。
  • 梅毒は長期に及び、時には心臓、血管、神経、目などに重い障害が現れます。

恋人や家族などのパートナーも同じ性病に掛かっている可能性もあります。
また、男性と女性で症状が出る部分や症状自体に違いがあるものもあります。
自分と同じ症状が起きていないからパートナーは大丈夫だと思い込まずに、医師に診断してもらい、性病だと診断されたならば一緒に性病治療を行うのが良いでしょう。
自分は完治してもパートナーが性病であれば、またすぐに移ってしまう可能性もあるのです。

関連記事